「損益計算書」は成績表

事業計画の立て方がよくわかる資金調達成功のプログラム
この記事は約3分で読めます。

前回までは「貸借対照表」だったり「開業時資金計画書」について説明してきました。

今回は「損益計算書」について説明させていただきたいと思います。

まずは一般的な損益計算書を下記へ表として落とし込みます。

損益計算書というものを眺めているとつくづくよくできているとその仕組みに感心します。

この表も上から順番に、その事業にとって重要な項目から並べて、最終的に1年間でどれくらい儲かったのかという成績表のようなものになっています。

重要な順ですから、その事業の本業による収入での「売上」があります。最終的に1年間でどれくらい儲かったのかを現しているわけです。

その下の「売上原価」は、上の売上に対する原価、つまり仕入れなどでどれくらいお金がかかったかという金額が入ります。

そして「売上」から「売上原価」を引いたものがその下にある「売上総利益」なんです。

ビジネスでも小売業などであれば仕入れたものを売って、その差額を儲けるので、それが「売上総利益」と呼ばれるものになります。

さらにその下へ進むと「販売費及び一般管理費」があります。売上を獲得するためにはモノを仕入れる以外にも色々な経費などが発生します。

従業員の給与であったり、店舗や事務所の家賃、水道光熱費、交通費などなど、ここにはあげきらないほど多岐にわたって生じてくるのが「販売費及び一般管理費」となります。

そして「経常利益」、略して「けいつね」なんて呼ばれるものですが、これは「販売費及び一般管理費」までを考慮した上で、あなたの事業が1年間にどれくらいの儲けを出したかいうことが表されています。

つまりこの「経常利益」が、あなたの事業の成績だよということなんです。

さらに、この「経常利益」の下には「営業外収益」と「営業外費用」なんてものがあります。

これはそのまま本業以外の収入や支出があった場合に上がってくる数字ですが、代表的なものとして受取利息とか融資を受けた場合の支払利息なんかはこちらに表されるわけです。

それらがきて「特別利益」と「特別損失」がくるわけですが、これは営業に直接関係のない、例えば導入していた設備を誰かに売って売却益が出たとか、仕入れた商品が盗難に遭ってしまった時の損失などを記載していきます。

以上を全て勘案して、この1年間の利益がどうなっているかわかるのが「税引前当期純利益」です。

税引前」なので当然「税引後」がきちゃいます。

これは利益に対して必ず税金を納めるのが義務でございますので、その税金について「法人税、住民税及び事業税」としてあらかじめ利益から除外しているということなんです。

この記事のまとめ

損益計算書は、あなたの事業の1年間の儲けとなり、努力の結果虚しく、もしも利益が出ていなかったら最後に現れるものは損失です。

ただし、最初の1年や2年は赤字でしょうから気にやむ必要はありません。

これをいかにして黒地に持って行くところがあなたとあなたの起こした事業の成長になるのです。

そして、その計画の立て方次第で資金調達がうまくいき、資金回収もうまく進むのです。

次回はその損益計算書を効果的に使っていく方法について共有させていただきたと思います。

関連書籍のご案内

このブログのカテゴリー「事業計画の立て方がよくわかる資金調達成功のプログラム」を電子書籍化しました。

プロジェクトごとにまとめているので実務と照らし合わせやすいメリットとダウンロードして落ち着いて読みたいのであればオススメです。

タイトルとURLをコピーしました