事業計画書の概要と構想を書こう!

事業計画の立て方がよくわかる資金調達成功のプログラム
この記事は約4分で読めます。

前回から、いよいよ事業計画書を書き始めていますが今回は概要部分と構想について書き方をご紹介させていただきます。

事業概要について

基本情報

あなたの事業の住所や名前などの基本情報を書き入れます。

他にも役員がいる場合や、有資格者や特殊技能者の存在はアピールしておきましょう。

事業内容

あなたの事業は何業か、という事を箇条書きで表します。

代表者のプロフィール

あなたがスタートアップするまでのプロフィールを書きます。

特にあなたの事業に対して有利に働くような情報を盛り込みましょう。

特に同種で経験してきた事や実績はこれからの事業にプラスに働くと考えられていますので、詳細に書き加えたいところです。

また資格が必要な事業ならばその情報について記すことも必要です。

事業構想について

ここからが一番面白いところです。

事業の構想とは、あなたがこの事業をなぜ始めようとしたのか、どのような構想に基づいた事業なのか、そして将来どのように展開するのかをアピールする資料になります。

この事業計画書の最大の目的は資金調達なので、資金の提供者たちに納得してもらえる資料にならなければなりません。

以下にまとめるべき項目を挙げます。

  • 開業の動機
  • 事業の概要
  • 市場の動向とあなたの事業
  • 将来のビジョン

プレゼン資料に文章ばかり記入すると伝わりにくいのでポイントを箇条書きにして、図なども効果的に配置することで「刺さる」資料になります。

同業種の企業ホームページの「会社案内」を見て全体的なイメージをつかんだり、上場企業などであればIR情報を細かくチェックして、個別具体的な動向を読みとり、「決算短信」や「有価証券報告書」には事業の概要が色々記されているので参考になるでしょう。

具体的な項目としては以下に参考として記します。

開業の動機

  • この事業の目的
  • この事業を行うメリットは?
  • この事業に至った経緯は?

事業の概要

  • どのような商材を扱うのか?
  • この事業の規模はどの程度なのか?
  • 事業を開始する場所や時期は?

ここはイメージとして企業ホームページの「会社概要」くらいの具体性を持って作成してください。

市場の動向とあなたの事業

  • この事業の市場規模は?
  • 競合する企業及びその規模は?
  • 差別化できる自分の強みは?
  • リスクは何が考えられるか?
  • 自分がこの事業に参入するにあたりシェアはどれくらい獲得できるのか?

ここは時間を使って調査・研究していきましょう。開業の動機や事業の概要では、あなたがいくら熱意を持っていようが「井の中の蛙」では相手にされません。

市場でどれくらいの位置付けなのかなどをちゃんと把握しているかどうかが、あなたが事業主として認められるかどうかの大事なポイントです。

また、この項目で特に重要なのが「差別化」と「リスク」です。

差別化がしっかりとできていれば、それだけあなたの事業は利益体質になりますし、逆になければ現状から抜け出せない上にジリ貧になるかもしれません。

差別化なんていうと難しい言葉のようですが、これはあなたの事業の特徴であって「これがあったらいいな」というような特定の人にとって特別な意味のあることを形にできてることが差別化です。

リスクについては、マイナス要因を表すのでネガティブなイメージですが、そのマイナス要因をはっきりと認識した上でリスクにどう対策するのかということが説明できることでプラスに持っていけるのです。

将来のビジョン

  • 今から始める事業を将来どのような規模に展開していくのか?
  • そのために必要なアクションやモノは何か?

これはあなたの将来の計画となり、事業の方向性はどこに向かっていくのかなどの概略を書き出し、事業計画書の中に具体的なプランとして流し込むことになります。

次回は事業の構想からさらに発展して、より具体的なプランニングを行なっていきます。

関連書籍のご案内

このブログのカテゴリー「事業計画の立て方がよくわかる資金調達成功のプログラム」を電子書籍化しました。

プロジェクトごとにまとめているので実務と照らし合わせやすいメリットとダウンロードして落ち着いて読みたいのであればオススメです。

タイトルとURLをコピーしました