信用金庫や都市銀からの融資はどうか?(その他編)

事業計画の立て方がよくわかる資金調達成功のプログラム
この記事は約3分で読めます。

前回は制度融資について銀行との連携も考慮に入れてご紹介しましたが、今回はその銀行とのお付き合いについて融資の話を中心にご紹介させていただきます。

そもそもスタートアップ時に信用金庫や都市銀から融資してもらえるのか?

いよいよ融資についての記事もラストです。

これまでの記事で銀行からの融資は難しいという話はさせていただいていました。

全く不可能ではないのではないのですがあまり期待できないのが現実です。ただ、一つ言える事は信用金庫や銀行からの融資は日本政策金融公庫と同様かそれ以上の審査があります。

したがって日本政策金融公庫がダメだったから銀行へ、なんて発想では意味がないのです。

期待できるケース

とはいえ、スタートアップ時には業種によっては、どうしても資金を集めたい場合もありますよね?信用金庫や銀行からの融資が期待できる場合としては、以下のようなケースがあります。

元々、付き合いがある。

あなたが前職においてその銀行の融資担当者と取引があった場合、その担当者があなたの実績や実情をよく理解していれば可能性もゼロではありません。

前職の看板があってこその融資だったとは思いますが、前職でのノウハウ、技術をそのまま引き継いでスタートアップするような場合にはうまくいくかもしれません。

信用金庫と最初から融資以外の取引を重ねる

銀行よりも信用金庫の方が融資を受けやすいのは事実です。信用金庫は取引相手の企業規模も中小企業に限られていますし、地域密着型の営業スタイルです。

したがって、まずは日本政策金融公庫からスタートアップ時の融資を受けて、地元の信用金庫に口座を開いて日々の取引を始めて、ある程度の実績を積んだ段階で融資を受けるような形へ持っていくというのはよくあるパターンといえます。

何れにしてもこれらの金融機関はスタートアップ向けの融資という商品を設定していないので最初の計画に入れない方が無難です。

その他、ノンバンクなど

最終手段として、ノンバンクなどの事業ローンがあります。これは融資を受けるのは簡単なんですが金利が高いので返済時の資金繰りに苦労するでしょう。

絶対的に利益が出る計画はあるけれど、資金があと少し足りないなどという場合は別として基本的には手を出したくないものです。

もしもこんなところで返済でトラブルを起こしてしまうとあなたの信用力に影響しますし、のちに日本政策金融公庫などからちゃんと融資を受けようとした時にネックになる可能性が高くなります。

返済の絶対的な自信がないのであれば手を出さないというのが基本です。

これにて融資の話はおしまいとなります。

何度も言いますがスタートアップ時にはやはり日本政策金融公庫が一番ですから、日本政策金融公庫を攻略する事!これに尽きます。

関連書籍のご案内

このブログのカテゴリー「事業計画の立て方がよくわかる資金調達成功のプログラム」を電子書籍化しました。

プロジェクトごとにまとめているので実務と照らし合わせやすいメリットとダウンロードして落ち着いて読みたいのであればオススメです。

タイトルとURLをコピーしました