助成金って何だ?

事業計画の立て方がよくわかる資金調達成功のプログラム
この記事は約3分で読めます。

前回は出資を集める際の注意点につおいて説明させていただきました。

今回は特別編として「助成金」や「補助金」の活用についてご紹介させて頂きたいと思います。

助成金という資金調達

助成金とは公的機関や地方自治体などが、あなたの事業に対してお金を補助してくれるというものです。これはあくまでも助成という事なので返済義務はありません。そしてその助成金をもらったからといって国などがその後の経営に関与してくることもありません。

メニューによっては事業報告などはもちろんありますがあくまで事務的なものです。

この助成金については賛否両論いろいろあると思いますが、助成金が経営に対してどのようなインパクトがあるのかを説明していきます。

例えば、経常利益率が10%の会社は100万円のお金を手元に残すためには最低限1000万円の売上を上げなければなりません。

ところが、助成金は全てが利益ですから100万円の助成金は1000万円の売上と同等の効果があるといえるのです。

もちろん助成金を受給するには細かい手続きを重ねていく必要があって(専門のスタッフが必要なくらい)、コンサルタントに外注したり、時間であったり、お金であったりをかける必要があるのですが、それでも利益率が非常に高い収入だというのは間違いのない事実です。

あなたの事業目的に最適化できるかどうか是非とも調査していただけたらと思います。

助成金の種類

助成金」や「補助金」とは、これからスタートアップする人や既に事業運営している会社に対して中央官庁系(独立行政法人)地方自治体が資金を援助してくれるものです。

もちろん、全てのスタートアップ企業に援助してくれるものではありませんし、それぞれの助成金補助金の交付要件を完全に満たす必要があります。

融資であれば、要件が完全でなかったとしても他の要件でカバーできれば交渉次第でうまくいくのですが、助成金補助金は完全性が求められます。

また、この交付要件を満たすかどうかということはスタートアップ前の計画段階で手続きしなければならないものもありますので、この交付要件を満たすかどうかということを調査しておきましょう!

さて、助成金の種類ですが、全国画一的に受給できるのが、中央官庁系の助成金となります。さらに、この中央官庁系の助成金は、大きく分けると以下の2つ

  • 厚生労働省関連
  • 経済産業省・総務省関連

厚生労働省関連では雇用保険を財源としているので、基本的に人材の雇用を行なった場合に助成金を受給できます。

例えば、非自発的に会社を辞めた人(倒産など)の再就職を受け入れたりした場合には、受け入れた会社が助成金を受給できるというものです。

経済産業省・総務省関連では財源はその年の国の政策や予算によって様々ですが、主に新しい技術や開発を助成するというものになっています。

次回は受給しやすい助成金についてご紹介させて頂きたいと思います。

関連書籍のご案内

このブログのカテゴリー「事業計画の立て方がよくわかる資金調達成功のプログラム」を電子書籍化しました。

プロジェクトごとにまとめているので実務と照らし合わせやすいメリットとダウンロードして落ち着いて読みたいのであればオススメです。

タイトルとURLをコピーしました